【2020年新米】無農薬・伊勢ひかり2㎏(一部地域、送料無料)

新商品 おすすめ商品 限定品

¥ 3,100 税込

商品コード: specialty_isehikari-2kg

数量

イセヒカリというお米を知っていますか?

イセヒカリは1989年に伊勢神宮の神田で発見され、1996年1月16日、酒井逸雄少宮司は皇大神宮御鎮座二千年を記念して「イセヒカリ」と命名されました。
突如として伊勢神宮に現れた新品種のお米であることから、伊勢神宮の御神米、神に与えられたお米などともよばれています。
かつてはコシヒカリが神嘗祭で捧げられていましたが、現在は神の米として「イセヒカリ」が捧げられいます。
門外不出として伊勢神宮だけで育てられていた「イセヒカリ」ですが、1996年に分与されました。

イセヒカリは昔ながらの「はさがけ」による天日乾燥されたお米です。
硬質米なため、炊き方も昔の人がやっていたように、炊飯の前に6時間ほど水に浸しておいてから炊き上げるのがおいしい食べ方です。
甘味はコシヒカリ以上のお米です。

【お届け】


2020年11月23日より順次発送いたします。

突如として現れた伊勢神宮の御神米

1989年(平成元年)に伊勢は2度の台風に襲われ、伊勢神宮の神田で育てられていたコシヒカリも被害を受けてしまいます。 コシヒカリは台風など強風には弱く倒れやすいお米ということもあり、軒並みダメージを受けてしまいました。 そんな中、真っ直ぐ立っている稲株が2株だけ、水田で発見されました。 コシヒカリとは異なる、太く短い茎を持った2株を調査したところ、新種のお米であることが確認されました。

その後コシヒカリにかわり、新品種のお米が御神米となり、伊勢神宮だけで門外不出として育てられていましたが、 1996年1月16日、酒井逸雄少宮司は皇大神宮御鎮座二千年を記念して「イセヒカリ」と命名され、県外の神社にも分与されることになりました。 現在も神嘗祭、新嘗祭などの伊勢神宮の神事に捧げられるお米は「イセヒカリ」です。 神米であって登録品種でも奨励品種でもないため、一般的なお米の流通ルートでは取り扱うことのない貴重なお米です。

はさかけで天日干しされる様子の写真伊勢神田の風景


「伊勢ひかり」に適した土壌の金沢市とお米の食味

「伊勢ひかり」は金沢市の山間部で育てられています。
強い茎と根をもつ「伊勢ひかり」に最適な土壌を持ち、大きい寒暖差によってお米は栄養分を蓄えていきます。 山からの湧水を田んぼに引き入れて、無農薬で、化学肥料もつかわずに自然栽培で育てられ、 収穫後は昔ながらの「はさかけ」で天日干しされます。 天日干しされたお米は硬質米(※1)となり、デンプンの結合がよく、硬さは「ほどほど」で一粒一粒がしっかりとしています。 炊飯しても粘り強く食味が良く、甘みもあり、お米本来の美味しさを保っています。 お米の美味しさを示す「食味値」は平均で80を超え、甘みはコシヒカリ以上のお米です。

神宮神田の写真
稲穂の写真
稲穂
お米

伊勢ひかりの炊き方は、昔ながらの浸水がおすすめです。

普段、お米を研いですぐに、そのまま炊飯される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近の炊飯器は浸水時間、蒸らし時間も含めて炊飯してくれるし、お米の銘柄によって炊き分けもしてくれるしと、とっても有能なのです。 でも、その有能な炊き分け設定の中に残念ながら「伊勢ひかり」はありません。 「伊勢ひかり」を美味しく食べるために、ちょっとの手間をかけてください。

  1. お米を研ぐ
    たっぷりの水でお米の表面の汚れを軽く落とすように30秒ほど水洗いし、一番最初の水は、すぐに捨てます。 汚れが残っているとお米が吸い込んでしまいます。まずは、軽く洗うだけで大丈夫です。 水をほぼ切った状態で、指はボールを握るような形で、ボウルの中を同じ方向に20回ほどかきまわします。 研いだ後に水を入れ、底から軽くかき混ぜて白く濁った研ぎ汁を捨てます。3回ほど水を入れ替えてうっすらと水が透けて見えるくらいになれば終了です。 炊飯にミネラルウォーターを使う場合は、洗い、研ぎにもミネラルウォーターを使うことをおすすめします。
  2. 炊く前に水に浸す
    お米の芯まで水がいきわたる様に、水に約6時間浸します。
    「伊勢ひかり」は硬めのお米なため、長めです。 お水の温度は低めが良いので冷蔵庫に入れながらゆっくりと時間をかけて水を吸わせてあげます。 浸水時間は、好みによって変えてください。 十分に水を吸水したお米は真っ白になります。爪の先で潰してみて粉状になったら吸水完了です。
  3. 炊飯器にセットして炊飯
    米を炊飯器の釜に移して、炊くお米の量にあわせて目盛りまでお水を入れて、炊飯器のスタートボタンを押して後は炊飯器に任せちゃいましょう。 最初は目盛りどおりにご飯を炊いてみて、2回目からお好みにあわせて水を調整しましょう。 浸水時間が取れない時にも、水を多めに入れて炊けばお米は柔らかめに炊き上がります。

土鍋のごはん
※1「硬質米」と「軟質米」について もともと同じ銘柄のお米でも生産地により「軟質米」と「硬質米」と分けられて品質の違いを表していました。
これは、お米の乾燥度合いが各地域の気候に影響を受けるためでした。
現在は、ほとんどのお米は熱風機械乾燥されるため、乾燥による違いは、ほとんどありません。 当店の「伊勢ひかり」は地域分類では金沢は「軟質米」の地域となりますが、 近年は地域による「軟質米」と「硬質米」の区別はあまり使われなくなっているため、 お米の特徴として「硬質米」と表記しています。

伊勢ひかりのご注文についてのご案内

◆お届けについて

伊勢ひかりは、本州、四国、九州へは宅配便にて送料無料でお届けいたします。
北海道へは350円。沖縄へは500円でお届けいたします。
離島へのお届けは、お電話にてお問い合わせください。

珠榊加賀一屋
TEL:076-225-7739
メールアドレス:tamasakaki@densyou.com

◆お支払いについて

お支払いは、銀行振込み、クレジットカードをお選びいただけます。

【銀行振込】
銀行振り込みは、金沢信用金庫、ゆうちょ銀行でお支払いいただけます。
・金沢信用金庫 西金沢支店(普)1035392 タマサカキカガイチヤ
・ゆうちょ銀行 00790-6-101392 タマサカキカガイチヤ

【クレジットカード】
クレジットカードはVISA、Mastercard、AmericanExpressで決済していただけます。
当店では、Square株式会社の決済サービスにてクレジットカード決済を行います。
Square株式会社のシステムを通して、請求メールをお送りしております。 メールで届いた請求書の手順にそって、カード情報の入力をお願いいたします。

なお、請求メールの送信は、当店の営業日、営業時間内の対応となりますため、お待たせする場合がございます。
あらかじめご了承ください。

◆お振込み期限について

銀行振込、クレジットカードともに、お支払いのお手続き期限は7日以内となります。
期限を過ぎますとキャンセル扱いとさせていただきますので、ご了承願います。